2014年08月19日

ぎおんばジャンボリー(8/14)の美しさ 中津川市おいでん祭 その二

岐阜県中津川市 おいでん祭
平成26年8月14日・15日 津島神社のお祭り 
<ギオンバ>という
子どもたち(中学三年生まで)の提灯行列のお祭りがありました。

NCM_2021.JPG


二日間 日中、夜、
暑い中
地元集会所 〜 津島神社 〜 駅前付近 〜地元集会所まで
提灯をもって練り歩きます。

ギオンバ ↓↓↓ どんなのか知りたい人 コチラ
ブログ『ぎおんば「わっしょい、わっしょい」どんなお祭り?中津川市おいでん祭 その一』

そして、最大のイベントが14日の夜に行われる
<なかつがわ ぎおんばジャンボリー>です。

にぎわい広場に、各地区から提灯行列の連隊が集結します。
今年は 46地区中、32地区から 約2,300人の子どもたちが集まったそうです。
(中津川市HPより)

中学三年生は、自分の地区の行列を一番華やかに見せるために、
最高学年の貫禄を見せるために、
この日ばかりは 派手な衣装と、派手な髪型、アクセサリーをつけて、
自分たちなりのお祭りを楽しみ、連隊を盛り上げます。

NCM_2019.JPG


そんな中学三年生たちは、連隊の最高学年、最後のギオンバになるので、
なかつがわ ぎおんばジャンボリーが、見せ場になります。

市長さんの挨拶から、
当元地区の連隊の大将(中学三年生)の挨拶、
お偉いさん方の挨拶が終わると、
いよいよ提灯に灯をともします。

NCM_2031.JPG


19:00
車の通行を止めた中津川市の中心
レジストロ通りを駅に向かって、
灯りを灯した提灯行列が、太鼓の音と共に、長い列を連ねて練り歩きます。

「デデンコデンデン♪ デデンコデンデン♪」
「わーしょーい、よーいしょーい」

ほかの連隊には負けないぞ、とみんなが大きな声をだします。

NCM_2034.JPG


たくさんの赤い提灯が ひとつの長い塊になり、
荘厳で、幻想的な壮観な光景

行列に参加してる人も、見てるだけの人も、とても感動的です。

NCM_2040.JPG


そして、それぞれの行列は、地元の集会所へ帰ります。
集会所の外では、おじさん、おばさん、お父さん、お母さんが
帰還するのを、今か今かと待っています。

「よくがんばったね〜〜!」と、
全員大きな拍手で、子どもたちを出迎えます。


もちろん、ママも、がんばったnagiちゃんの帰還を出迎えに行きましたよ
NCM_2041.JPG




↓↓↓ ポチっとして 応援してね!
 
人気ブログランキングへ





posted by ままとnagi at 21:00| Comment(0) | 中津川おいでん祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

ぎおんば「わっしょい、わっしょい」どんなお祭り?中津川市おいでん祭 その一

岐阜県中津川市駒場(こまんば)にある津島神社のお祭り、
<ギオンバ>が平成26年8月14日 15日と行われました。
子どもたち(中学三年生まで)の提灯行列です。

「デデンコデンデン♪ デデンコデンデン♪」
「わーしょーい、よーいしょーい」

「ドンドドン♪ ドンドドン♪ ドドドドドン♪」
「わっしょい、よいしょい、山手ちょう!」

ジイジイの子どものころにもあったのですから、100年ぐらいは続いています。

IMG_9890.jpg


ジイジイの子どものころは、
津島神社のまわりの地区だけの、男の子だけ参加できるお祭りでしたが、
今は、中津川旧市街の、男の子も女の子も参加できる
夏の祭りの行事になっています。

地区単位で、ひとつの行列を作ります。
行列には 幼稚園児や小さな子どもたちも参加するので、
付き添いとして、パパ、ママも一緒に参加して、大勢の連隊になります。

中学三年生を中心に行われますが、
そうはいっても、地区の大人たちがそのおぜん立てに全力を尽くします。 
提灯の準備、お揃いのハッピの準備、
行列のスケジュール計画、
当日の食事の準備、おやつの準備、
交通安全のための行列の付き添い、休憩場所でのおやつの配布、
そして、後片付け・・・

伝統ある中津川市の全員参加型のお祭りなので、
子どものいない世帯でも、
毎年行われるこのお祭りには、数年に一度は準備にかかわらなくてはいけません(笑)

真夏の二日間
朝、昼、夜
子どもたちは、大きな提灯をもって、
大きな声で「わっしょい、わっしょい」と掛け声をかけて
汗びっしょりになって、
地元の集会所 〜 津島神社 〜 中山道を通り、駅前付近 〜 地元の集会所まで練り歩きます。

醍醐味は、ほかの地区の連隊とすれ違うときでしょうか。
「わっしょい、わっしょい、山手ちょう!」と負けないように声を張り上げます。
なんともいえないドキドキ感。
自分の地区の名前を 自信をもって張り上げます。

自分たちの作ったプラカードや提灯を高らかに、
胸を張って、進みます!

IMG_0235.jpg


そして、子どもたちにとって、
暑くて、重くて、歩き疲れ満載な過酷なお祭りの
最大のお楽しみの一つが、日陰での休憩です。

薬師寺1.png


津島神社、途中の公園、お寺などでの休憩をとります。
中学三年生のお姉さんたちに ジュース、お茶、アイスクリームをもらいます。

薬師寺3.png

↑↑↑ 中学三年生のお姉さんのnagi

このときのジュースの美味しいことといったら、たまりませんよね。

薬師寺2.png


「出発するぞ〜〜」
さて、集会所まで、もうひと歩き
大将の掛け声とともに、太鼓囃子が始まります


中津川市HP 
【ふるさと再発見!】中津・ギオンバ

ぎおんばジャンボリーが開催されました



↓↓↓ ポチっとして 応援してね!
 
人気ブログランキングへ





ベルメゾンネット

posted by ままとnagi at 21:00| Comment(0) | 中津川おいでん祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。